投稿

営業停止

支那・武漢より到来セル疫病は本邦にも蔓延。
堪へ難きを堪へ、忍び難きを忍び、本日、部隊は緊急事態宣言を受諾するに至れり。
誠に痛切の極みであります。

本日より当分の間、営業を中止致します。再開時期は未定であります。
時季至れば追って発表致します。

部隊長の見立てでは、早くても半年後であろうかと。
それまでは隠忍自重、持久を図り、再起を期せんと欲したり。

カテゴリー: 休日のご案内 パーマリンク

営業停止 への4件のフィードバック

  1. 山崎一男 のコメント:

    残念ですが、仕方ないですね。
    復活を願います。山りんでした。

  2. 野口 のコメント:

    散兵線 井上部隊長殿
    深く世界の体制と我が國の現状に鑑みると、営業中止という非常の措置をとることも、残念ながらや無得ないと思います。部隊長としてはさぞや断腸の思いであろうと
    お察し申し上げます。
    政府は7日緊急事態宣言を発し、このなかには兵庫県も含まれています。
    1月に武漢ウィルスが我が国に侵入し始めて以来、部隊長におかれては、勇戦奮闘最善をつくせるにかかわらず、戦局必ずしも好転せず、世の中の大勢もまた散兵線に利あらず、このような状況の中で、尚交戦を継続せむか、いたずらに損傷を重ねるだけであり、この際万世のために、一時休戦することは賢明な措置であると思います。
    今までも何度か疫病の流行はありましたが、ある期間が経過すれば必ず終息しています。今度の武漢ウィルスも、わが國の被害状況は世界各国に比べれば、軽微です。
    ウィルス発生以来政府のとってきた施策はまことに遅く緩く中途半端ではありましたが、ここ数日でようやく、本気になったように思います。
    私は、比較的短期(例えば夏?くらいまでには)になんとか終息するのではないかと思っています。
    この難局を乗り切るのは、まことに大変と思います。
    然れども、部隊長におかれては、散兵線の不滅を信じ、総力を近い将来の再開に傾け、神戸の街に再び軍歌の灯を掲げることができるまで、時運のおもむくところ、耐えがたきを耐え、忍び難きをしのび、その日に備えられますように祈ります。
    その日には私もはせ参じて、再開を祝たいと思います。
    その日が来るまでどうぞお元気で、
                      埼玉県より 野口

    • 店主 のコメント:

      長大なる激励感状誠に有難くあります!
      部隊は長期にわたる持久体制に入ります。
      関東も大変とは存じますが、御自愛をなさっての持久、武運長久を祈念申し上げます。

コメントを残す